プログラム期間中には、どのようなサポートが受けられますか?

ピッチイベントの予選を通過されたスタートアップを対象に官民共創人材によるメンタリング、自治体との面談の場の調整、社会課題のビジネスモデルを設計するワークショップを実施いたします。ピッチイベントの決勝で優勝、準優勝となったスタートアップを対象に実証実験できる自治体とのマッチング・伴走支援を実施いたします。また、優勝、準優勝および審査員特別賞の3社を対象に社会的インパクト評価を実施いたします。

参加費用は必要でしょうか?

当プログラム参加にあたり参加費用等はかかりません。
リアルイベント等においては交通費などは参加者様負担となります。

応募について、条件等はありますか?

社会課題・地域課題の解決と持続的な事業成長を同時に目指すスタートアップを対象とします。
創業年数、事業領域は問いません。
東京都内に所在、または将来的に進出する可能性がある企業を対象とします。

採択された企業の情報は公開されますか?

ピッチイベントの予選を通過されたスタートアップの情報(社名等のチームの名称や事業内容等)について、本ページや、リリースで掲載させていただく予定です。

プログラムはどこで実施しますか?

セミナー、ピッチイベントの予選はオンラインで開催します。
ワークショップ、ピッチイベントの決勝はリアルで開催いたします。
会場は東京(虎ノ門、もしくは渋谷)にて開催します。それ以外のメンタリングや自治体との面談は、オンラインによる実施を想定しております。
ピッチイベントの決勝を通過された企業との自治体との実証実験の打ち合わせやインパクト評価の打ち合わせもオンラインを想定していますが、自治体との実証実験の打ち合わせについては対面での実施の可能性もございます。

参加企業の事業内容は守られますか?

ご応募いただきましたプランのアイデアや事業内容は、最大限尊重させていただき、許可なく第三者へ公開することはございません。予選を通過されたスタートアップの方々を対象にNDAの締結を想定しております。ただし、世の中の他の多くのプロジェクトやチームが皆さまと類似のアイデアでビジネス展開を検討されていることも想定されます。予めご了承の上、ご応募くださいますようお願い申し上げます。

ソーシャル・エックスとは、どんな企業ですか?

株式会社ソーシャル・エックスは「官民共創に最高の体験を。」を掲げ、官民共創新規事業開発プラットフォーム「逆プロポ」シリーズの企画運営、および、社会課題解決を軸とした事業開発を支援しています。
当社の「逆プロポ」(https://gyaku-propo.com)は、従来の公募プロポーザルの仕組みのベクトルを逆にすることで、企業と自治体の共創の目線合わせをしながら、良質な「出会い方」を可能にしています。これにより共創の目線合わせを経たPoCを実施してきました。
その結果、逆プロポを体験したスタートアップは大きな社会的信用を手にし、投資環境の改善、サービスの横展開のチャンスを手にしています。
具体例として、これまでにご支援した医療系スタートアップでは「自治体とのPoCを実施することで信用度や注目度が上り、VCからの問い合わせは6倍、メディアからの問い合わせは3倍、採用にもいい効果」とその効果を実感していただいています。

他のプログラムとの併願は可能ですか?

可能です。

プログラム期間中には、どのようなサポートが受けられますか?

ピッチイベントの予選を通過されたスタートアップを対象に官民共創人材によるメンタリング、自治体との面談の場の調整、社会課題のビジネスモデルを設計するワークショップを実施いたします。ピッチイベントの決勝で優勝、準優勝となったスタートアップを対象に実証実験できる自治体とのマッチング・伴走支援を実施いたします。また、優勝、準優勝および審査員特別賞の3社を対象に社会的インパクト評価を実施いたします。

参加費用は必要でしょうか?

当プログラム参加にあたり参加費用等はかかりません。
リアルイベント等においては交通費などは参加者様負担となります。

応募について、条件等はありますか?

社会課題・地域課題の解決と持続的な事業成長を同時に目指すスタートアップを対象とします。
創業年数、事業領域は問いません。
東京都内に所在、または将来的に進出する可能性がある企業を対象とします。

採択された企業の情報は公開されますか?

ピッチイベントの予選を通過されたスタートアップの情報(社名等のチームの名称や事業内容等)について、本ページや、リリースで掲載させていただく予定です。

プログラムはどこで実施しますか?

セミナー、ピッチイベントの予選はオンラインで開催します。
ワークショップ、ピッチイベントの決勝はリアルで開催いたします。
会場は東京(虎ノ門、もしくは渋谷)にて開催します。それ以外のメンタリングや自治体との面談は、オンラインによる実施を想定しております。
ピッチイベントの決勝を通過された企業との自治体との実証実験の打ち合わせやインパクト評価の打ち合わせもオンラインを想定していますが、自治体との実証実験の打ち合わせについては対面での実施の可能性もございます。

参加企業の事業内容は守られますか?

ご応募いただきましたプランのアイデアや事業内容は、最大限尊重させていただき、許可なく第三者へ公開することはございません。予選を通過されたスタートアップの方々を対象にNDAの締結を想定しております。ただし、世の中の他の多くのプロジェクトやチームが皆さまと類似のアイデアでビジネス展開を検討されていることも想定されます。予めご了承の上、ご応募くださいますようお願い申し上げます。

ソーシャル・エックスとは、どんな企業ですか?

株式会社ソーシャル・エックスは「官民共創に最高の体験を。」を掲げ、官民共創新規事業開発プラットフォーム「逆プロポ」シリーズの企画運営、および、社会課題解決を軸とした事業開発を支援しています。
当社の「逆プロポ」(https://gyaku-propo.com)は、従来の公募プロポーザルの仕組みのベクトルを逆にすることで、企業と自治体の共創の目線合わせをしながら、良質な「出会い方」を可能にしています。これにより共創の目線合わせを経たPoCを実施してきました。
その結果、逆プロポを体験したスタートアップは大きな社会的信用を手にし、投資環境の改善、サービスの横展開のチャンスを手にしています。
具体例として、これまでにご支援した医療系スタートアップでは「自治体とのPoCを実施することで信用度や注目度が上り、VCからの問い合わせは6倍、メディアからの問い合わせは3倍、採用にもいい効果」とその効果を実感していただいています。

他のプログラムとの併願は可能ですか?

可能です。

プログラム期間中には、どのようなサポートが受けられますか?

ピッチイベントの予選を通過されたスタートアップを対象に官民共創人材によるメンタリング、自治体との面談の場の調整、社会課題のビジネスモデルを設計するワークショップを実施いたします。ピッチイベントの決勝で優勝、準優勝となったスタートアップを対象に実証実験できる自治体とのマッチング・伴走支援を実施いたします。また、優勝、準優勝および審査員特別賞の3社を対象に社会的インパクト評価を実施いたします。

参加費用は必要でしょうか?

当プログラム参加にあたり参加費用等はかかりません。
リアルイベント等においては交通費などは参加者様負担となります。

応募について、条件等はありますか?

社会課題・地域課題の解決と持続的な事業成長を同時に目指すスタートアップを対象とします。
創業年数、事業領域は問いません。
東京都内に所在、または将来的に進出する可能性がある企業を対象とします。

採択された企業の情報は公開されますか?

ピッチイベントの予選を通過されたスタートアップの情報(社名等のチームの名称や事業内容等)について、本ページや、リリースで掲載させていただく予定です。

プログラムはどこで実施しますか?

セミナー、ピッチイベントの予選はオンラインで開催します。
ワークショップ、ピッチイベントの決勝はリアルで開催いたします。
会場は東京(虎ノ門、もしくは渋谷)にて開催します。それ以外のメンタリングや自治体との面談は、オンラインによる実施を想定しております。
ピッチイベントの決勝を通過された企業との自治体との実証実験の打ち合わせやインパクト評価の打ち合わせもオンラインを想定していますが、自治体との実証実験の打ち合わせについては対面での実施の可能性もございます。

参加企業の事業内容は守られますか?

ご応募いただきましたプランのアイデアや事業内容は、最大限尊重させていただき、許可なく第三者へ公開することはございません。予選を通過されたスタートアップの方々を対象にNDAの締結を想定しております。ただし、世の中の他の多くのプロジェクトやチームが皆さまと類似のアイデアでビジネス展開を検討されていることも想定されます。予めご了承の上、ご応募くださいますようお願い申し上げます。

ソーシャル・エックスとは、どんな企業ですか?

株式会社ソーシャル・エックスは「官民共創に最高の体験を。」を掲げ、官民共創新規事業開発プラットフォーム「逆プロポ」シリーズの企画運営、および、社会課題解決を軸とした事業開発を支援しています。
当社の「逆プロポ」(https://gyaku-propo.com)は、従来の公募プロポーザルの仕組みのベクトルを逆にすることで、企業と自治体の共創の目線合わせをしながら、良質な「出会い方」を可能にしています。これにより共創の目線合わせを経たPoCを実施してきました。
その結果、逆プロポを体験したスタートアップは大きな社会的信用を手にし、投資環境の改善、サービスの横展開のチャンスを手にしています。
具体例として、これまでにご支援した医療系スタートアップでは「自治体とのPoCを実施することで信用度や注目度が上り、VCからの問い合わせは6倍、メディアからの問い合わせは3倍、採用にもいい効果」とその効果を実感していただいています。

他のプログラムとの併願は可能ですか?

可能です。